シャンプーの基礎知識

シャンプー基礎知識について紹介しています。

★富士額が広がっていきました
学生の頃から、富士額と呼ばれ、格好いいと女性から言われていました。富士額は少し前までは主に女性の憧れだったようですが、今では前髪を垂らせられないので、不人気で、あえて真ん中の垂れ下がっている部分にレーザーを照射したり、毛抜きで取ってしまうらしいのです。
 私はというと、同世代の女の子に富士額と言われ、いい気になっていたのですが、加齢するとともに富士額がますますくっきりとして来ることに対し、まるで無関心でした。
 それから、10年くらいが過ぎると、ようやく自分は生え際から禿げていくタイプだということに気がつきました。富士額の頂上から、どんどん頭頂に向けて、脱毛の侵略が始まっていたのです。
 あわてて、育毛剤と毛髪剤を振り掛けて、今ある髪の毛をとにかく死守しようとしました。育毛関係の本に、脱毛は、毛根に脂が溜まってしまい、毛根に栄養が行かなくなっていまい、やがて脱毛するので、脂を落とすように洗うことが大切と書いてあったので、今までシャンプーは1分も行なえば十分と思っていた私には衝撃の情報でした。
 それから、髪の毛を洗うコツは、頭髪よりも頭皮の方が大切であり、毛髪を保っている頭皮をマッサージして、弾力を取り戻し、抜けないようにするのが大切だそうです。指の第一関節の指先に力を入れて、頭皮を揉むように洗うそうです。3ヶ月も続けると、なんだか頭皮がほぐれてきたというか、弾力が出てきて、なんとなく脱毛が押さえられたような気がしてきました。今までは指でつまむことができなかった頭皮がつまめるようになってきたのです。
 今でも自分の顔を鏡で見るのはいやですが、なんとか早いうちに止まってくれてありがたいと思っています。

©Copyright 2015 シャンプーの基礎知識 All right reserved.